カテゴリー

アーカイブ

ホームページ

ツイッター

リンク

自家通販

不思議な体験談があればお聞かせください。

※これは以前ザ・インタビューズにあげた内容です。 サービス終了前に保存しておこうと思い、すこし書き直してアップロードしました。

【質問】
不思議な体験談があればお聞かせください。

【回答】
 今から8年ほど前の夏、自炊・テント泊・18きっぷ利用の縛りで、人里離れたところに行きたくなったので、熊野古道を中辺路というルートで踏破する計画を立てました。
 
 出発から3日目、昨晩は熊野山中の東屋の脇にテントを張って泊まり、朝は小鳥たちのさえずりで目覚めました、とはいえ爽やかな感じでもなく、騒音レベル。やつらの本拠地だから全く遠慮がない感じ。
 サラスパ(茹で時間が短い)にS&Bのパスタソース(暖めなくてよい)を混ぜて簡単に朝飯をすませ、予定の遅れを取り戻そうと気が急いていました。

 ねぼけ眼で歩き始めた直後、下り坂で勢いがつき、細い枝でざざーっとすべって足をくじいてしまいました。 まだまだ先は長いし、骨折したら吐きそうなくらい痛いと聞くし、我慢できるなら大丈夫だろう。 とにかく面倒くさいので他人事のように考えて誤魔化すことにしました。
 
 それから丸一日歩き通しで、特別なことは無かったので省きますが、中辺路の真ん中あたり熊野川が見渡せる場所まで辿りつきました。 ここで一旦林道が終り、国道沿いを歩くことになります。



 舗装路に出ると不意に、頬に両手をそえられてるような感触が。 まるで藪を抜ける際に顔へ蜘蛛の巣を引っかけたかのように、何の前ぶれもなく始まりました。
 総毛立つと言う表現がありますが、ゆっくりと産毛を逆撫でされているような刺激でしたから、それに近いのかも知れません。
 とくに不快ではないけれど、頬を拭いても、叩いても、やさしく揉んでも、つねってみても、どうしたって拭い去ることが出来ません。
 捻挫のせいか、虫にでも刺されたか、気圧の変化の影響か、はたまた脱水症状か、とにかく落ちつくまで休んでおこうと、県道沿いの商店の駐車場、その脇にある自販機でジュースを買いました。

 しばらく自販機の横にあったベンチで、ジュース缶で冷やしたり、軽めのストレッチで全身ほぐしてみたり、近くの公衆トイレで顔を洗ってきたり、水分を補給し携帯食で腹ごしらえするなど、あれこれ試してみましたが頬の違和感は一向に無くなりません。

 洗顔やマッサージのように、手をそえられた感触を上回る刺激に対しては普段通りの感覚があったので、痺れている感じではありませんでした。
 また、見た目に変わりなく、体調もふつう、痛くも痒くもありません。 ただちょっと何かありそうな下山したタイミングで変なふうになったのが不気味に思いました。

 その後、暗くなってきたので国道を近くの野営場まで20分くらいかけて歩き、受付の看板を見たら『時間外につき入場不可、開くまで待つなら駐車場で』とあったので、駐車場の端の芝生にテントを張って早めに休むことにしました、今考えると看板の文言を都合よく解釈しすぎだと思いますが。

 就寝前も相変わらず変な感触が残っていたと思います。 しかし翌朝すっかり治ってました。 現在まで同じような症状は一切出ていません。 何だったんでしょうね。

2011年7月20日の日記:高知旅行1日目

※これは以前mixiにあげた日記です。 サービス終了前に保存しておこうと思い、すこし書き直してアップロードしました。

 大型台風の接近に伴い欠航便が相次いでおり、心配して窓口に問い合わせてみたところ、当日の早朝には運航状況が確定するらしい。
 翌朝7時頃に起きて恐るおそるチェックしてみると、どうやら飛びそうである。よかった。

 飛行機の出る2時間くらい前に家を出る。 両国から大江戸線、大門でモノレールに乗換え。
 運河に係留してある船とか雑居ビルの裏側、少しずつ変化していく河口の眺め、湾岸のコンテナ群、事務所、工事している様子など、大小様々なものが見えて面白い。ただ冷房がきつい。



 羽田着、荷物の大半は前日に郵送したので、手荷物はデイパックに収まる程度、のはずが、手荷物検査でライターを没収され、タモ網も長さ的に持ち込みNGとのことで、しぶしぶ預ける。去年カッターで引っかかったから気をつけて荷造りしたんだけど、だめでした。
 預けた荷物を飛行機に積む車のジャッキの故障により出発が15分ほど遅れる。

 高知空港着、大手前で教員をしている従兄が半休をとって迎えに来てくれた。
 空港から親戚の家までは空港バスと路面電車を乗り継いで40分くらいかかる。いったん高知駅の方まで出てから折り返す感じになるし、迎えに来てもらえて良かった。



 途中、高須のTSUTAYAで探してるマンガがあるか見て、隣にある巨大スーパー、サンシャインで田舎寿司とか地産地消コーナーのお惣菜を買った。
 家に着いて昼ご飯をすませた後、ちょっと近所にある神社や公園を見てまわり、それから、従兄弟と二人で旭にある祖母の墓参りへ。



 最寄のセラヴィという小さいスーパーでお供え用のお菓子とシキミを買い、車はそこの駐車場に停めさせてもらって、歩きで山の上にある墓地へ。
 斜面に建っている民家の間をジグザグに上がっていく。虫除け対策を怠ったせいでしこたま蚊に刺された。スプレーは持ってきたのに、駐車場でかけるのは早すぎると思って、そのまま忘れてた。帰り道はげしい夕立ちにあう。



 仕事から戻った叔父・叔母と落ちあい華珍園の別館へ。  座敷に円卓、テーブルや座敷から離れた階段脇に喫煙所があり気兼ねなくタバコが吸える、席でも吸えるから他に誰も来ないし非常にくつろげた。
 ラーメンとかチャーハンの一番安いメニューでもしっかり美味しく、何をたのんでも期待を裏切らない。季節のメニューやデザートも真面目に作られていて良かった。



 帰宅後は旅行用にまとめたデータをパソコンに移したり、歩いて5分のスリーエフでタバコと久保田のアイスを買ったりした。
 叔母がむかし買ったサンコミックス版の水木しげるやますむらひろしの短編、かたい表紙のよりぬきサザエさんなどを眺めているうちに瞼が重くなってきたので早めに寝た。


<< | 2/2PAGES |