カテゴリー

アーカイブ

ホームページ

ツイッター

リンク

自家通販

言い方の妙

怪談に出てくる物や場所の名前、登場人物のセリフまわしや繰り返される重要なフレーズ、それに擬音などは、演出過剰だと嘘臭くなるし、ミニマルすぎても聞き手の想像力が働かないから、多少の寄り道は必要で、センスが問われる重要なポイントだと思う。

そんなことを考えながら思い出した、名前やフレーズが印象的だった話を2つ紹介したい。


たぶん、夜中に笛を吹くと蛇が出るという話は、調子にのって騒いでる子供らを大人しくさせる方便として、昔から使われてると思うのだが、
自分が幼い頃は、高知にある五丁目の家(祖母宅)で夜ふかししてると
「じょうりゅうのねこ」が来るぞ
とよくおどかされた。

じょうりゅうは上流で、近所を流れる鏡川を指すのだと思う。
祖母の家の辺りが中流域にあたり、上流までは家からバスで小一時間かかる。小学校のときに何度か泳ぎに行った。
ねこについては、先祖の侍が戯れに猫を斬り殺して祟られたとかいう因縁めいた話が伝わっていて、なにしろ大昔のことだから今の家族の間では、すでにもう猫を畏れるような空気ではなかったが、子供を怖がらせるネタに使うくらいだから、すこしは尾を引いてるんじゃないかと思う。



祖母の姉がよく聞かせてくれた話に、
祖母がまだ結婚する前、おそらく20代の頃
「がんきりばし」のところで「シチニンミサキ」にとりつかれて大変だった
というのがあった。
細かい部分は覚えてないが、家に戻るやいなや寝込んでしまい、自分は何処其処の何某であると素性を語ったり、昔の恨みつらみを含んだうわ言を繰り返すばかり。
方々に手を尽くしてみたがどうにもならず、最後は「おたゆうさん」を呼んで祓ってもらったらしい。

がんきりばし(雁切橋)は、前述の鏡川の中流域にかけられた橋で、今では別の名前が付けられているが、刑場跡として知られるいわくつきの場所だ。
子供心に濁音を含んだ強烈な語感が何ともおそろしげに聞こえた。



シチニンミサキとは、四国に伝わる七人同行という怪異の類型で、田中貢太郎のこの話が詳しい。
妖怪図鑑で言うと、餓鬼憑きとかひだる神みたいもので、とりつかれると急に空腹に襲われて行き倒れになってしまうそうだ。
逃れる方法は基本的に何か食べ物を一口食べることだが地方によって多少異なる。
おたゆうさんは、いざなぎ流と呼ばれる陰陽道の神職の呼び名らしいが、とくに何も聞いてないので詳細はわからない。

コメント
コメントする