カテゴリー

アーカイブ

ホームページ

ツイッター

リンク

自家通販

お気に入りの靴などを含めて、 靴遍歴を聞かせてください。

※これは以前ザ・インタビューズにあげた内容です。 サービス終了前に保存しておこうと思い、すこし書き直してアップロードしました。

【質問】
お気に入りの靴などを含めて、 靴遍歴を聞かせてください。


【回答】
 はじめて靴を意識したのは、エアマックス95を口火に広がった第一次ハイテクスニーカーブームの頃で、僕は幸運にもフットスケープというモデルを手に入れることが出来ました。 ファーストカラーの青×灰は今でも気に入ってる配色です、存在感のある脇役みたいな立ち位置も好みでした。
 どうやら行きつけのスポーツ用品店が穴場だったようで、同モデルの黒×赤も購入、独りで悦に入ってました。

 高校から私服だったので、みんな好きな格好して通っていました。 とくに部活の仲間は誰それが何を履いていたか、今でも克明に思い出すことが出来ます。 運動部に属してる人は男女共にハイテク率が高く、ヤンキーはHARUTAのローファーかバンズのハイカット、オタクはプロケッズの運動靴が多かったです。

 次いでローテクの時代がおとずれましたが、あまりピンとこなかったので、間に合わせで買ったプーマのスウェード(黄緑×灰)を、汚れたら風呂場で石けんをつけてゴシゴシ洗って、ベランダで日向に置いて乾かすような、今では平然とやっていることですが、当時としては愛着を感じないがゆえの荒業でした。

 高校3年間ずっと水泳部に属しており、靴を脱ぎ履きする機会が多かったせいで、しばらくブーツやハイカットのスニーカーとは縁がありませんでした。 夏場はテバのサンダルやハリウッドランチマーケットで買ったデニム地の雪駄を履いていたと記憶しています。

 ちまたではアイリッシュセッターのワークブーツが全盛の頃、折り合いをつけるかたちでビルケンシュトックの黒いパサディナを買いました。 定価で2万7千円くらい、当時としては随分思い切った買い物でした。 革の手入れも知らず、今までのスニーカーと同じ感覚で酷使したので、アッパーの、縫い口ではなく折目から裂けて、駄目になりました。

 はじめてニューバランスを買ったのはM576のホワイトで、現行品と較べると少し光沢があり、かすかに青白く見えました。2年くらいで履き口がみすぼらしくなってきたので捨てました。 今考えるとまだ履けたのに、もったいないと思います。

 ややあって裏原の流れからBoon全盛期が訪れ、第二次ハイテクスニーカーブームの真っ只中には、サイズミックやポケットナイフなど、わざわざレディースカラーのメンズサイズを探してきては、仲間内でいい気になっていたものです。
 ただ、ハイテク系は新品の状態がベストで、履き込んでも汚くなるだけなので、せっかく買っても嬉しさが長続きしないのでした。

 アディダスのギャラクシー(赤×金)を衝動買い。 茗荷谷や小川町の公園でフリスビーやサッカーのパスまわしをするのが流行っていたので、動きやすいし汚れても気にならなくて、とても具合が良かったです。 それから徐々にやりたいことに合わせて服装を選ぶようになってきました。

 親戚から高島屋の商品券が送られてきて、使い道に迷っていたら、たまたま靴売り場に残ってたニューバランスのLM576UK(焦げ茶)を見つけて、買いました。 地味だけど、どんな格好にも合うし、汚れが目立たないので、最高でした。 これはボロボロになった今でも、釣りに行く時なんかに愛用しています。 気に入った靴を大事にすることで、シューグーやシューケア用品の扱いもだいぶ手慣れてきて、ほとんど捨てることが無くなりました。

※LM576UKの携帯クリーナー、8年くらい前のペットボトルのオマケ。


 なんとなくですが、自分にぴったりの物が見つかった刺激で、今までの経験が統合されて、流行に惑わされることなく身の丈にあった買い物をするコツがつかめた気がします。
 
 スニーカー以外は、ビジネス向けの短靴、かっちりしたドレスシューズも素敵なのはわかりますが、冠婚葬祭の他にあまり履く機会がないので、とくに欲しいとは思いません。 気になるのはポールハーデンくらいです。 あと、登山靴、メレルのWILDERNESSとか欲しいかも、ダナーでもいいです。

 現在よく履いてるのは、LM576UKの茶・M998の緑・CM990Lの黒、ビルケンの白い革のボストン、ChacoのZ1、あたりです。


コメント
コメントする